春の作業


まんまるファームの春の作業はハウスを作るところからはじまります。

といっても、自分自身ではハウスを持っていないので、自分の苗がはいる予定のハウスのお手伝いをしにいきます。

使う苗は大体1600枚ほどになります。

さらに、春は助け合い。いろいろなところに顔をだしては、できることを手伝います。

これは、パイプラインでおくる水のおおもと。そこに詰まった砂利を掃除します。

さらに、高所作業も。園芸ハウスも、春の間は育苗ハウスとして使うので、

やはり、天場のビニールをかけます。

命綱なし。農業って、危険作業おおいような・・・

案の定、軽トラの上はぐちゃぐちゃになっています。。

これは、みのる式の田植え機。町内の農家さんで、みのる式を使う人は大変すくないです。

このみのる式、手間はかかりますが、生育がものすごくはやい。無農薬なんかに適しております。

この農家さんの土づくりも手伝います。

いろいろ手伝って思っていることは、春は、すぐに自分自身で苗やハウスを作るより、

手伝いにいって、学んだほうがいいなと。

効率よく作業をするには、いろいろな作業を見て体験して覚えないとなと思ってます。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square